ダイエット成功のためのたった3つのポイント

ダイエットには、食べる量を抑えたり激しい運動をしないと痩せないというのを思いがちですが、たった3つのポイントを押さえるだけで痩せることができます。1点目は、毎日同じ時間帯に体重計に乗ること二つ目はいつも鏡で体のプロポーションをチェックすること3点目は、正しい姿勢を意識して過ごすことこれらを守ればきっちり痩せることができます。
正しい姿勢をとるために意識することは体を曲げたり反らしたりせず、垂直に保ち続けることです。

 

 

上手に痩せるには、バランスが取れた食事と丁度よい運動が重要です。

 

食事によって、隅々まで栄養を吸収し、毎日数十分でもいいので体を動かします。

 

脂肪が燃焼し始める20分が、適切な時間ですが、時間に余裕が無ければストレッチや筋トレだけでもOKです。
短期間で劇的な成果を求めるのではなく、時間をかけて、ちょっとずつ脂肪を減らしていけば自ずとに体重も減っていくでしょう。ちょっとだけ増えた体重を元に戻したかったのでダイエットを軽くしました。激しい運動はダメなのでダイエットするときは歩きをエクササイズの中に取り入れています。

 

晴れていたらいいのですが、雨降りの日だったり天気が愚図つくとどうしても外に出る気分でなくなるのでその様な日にはテレビ前でドラマを見たりしながら足踏み運動をします。これがとても良くてドラマに夢中になれば1時間位すぐに過ぎかなり良いダイエット運動となります。

 

 

 

夜8時を過ぎてからの飲み食いはやめるようにしています。
それが困難な時は、就寝に時間前にはせめて食べないようにしています。夜は腹八分目に留めるようにしています。
嗜好品はできるだけ午前中に食べるようにしています。買う時にも、小袋のものか、小袋に分割されているものを選ぶようにしています。午後のおやつは一口サイズのものを食べるようにしています。
運動は得意でないので避けていますが、近い距離は歩くようにしています。
特に目的もなく痩せたいというのではなく、痩せてどうなりたいか、痩せたらどういう風になれるのか、という明確なイメージを持てるかがダイエットをダイエットを長く続けるためのコツだと思います。

 

目的のない努力は続かないので、目標達成の期限を決めたり、痩せた後はどんな服で誰と会おうかなど細部まで徹底的に妄想しましょう。

 

 

すると、甘いものを我慢することがそれほど苦痛にはなりません。
ダイエットをしようとする時に必要だといわれていることは自分の変えたい部分をリストアップしていき、ここから変えていきたいな、という順番をつけることが必要です。

 

何箇所も一度に変えようとすると運動量や運動法が多くなり三日坊主になってしまいがちです。まずはどこからにするか決め、その部位毎にマッチした運動法をしていくことをお勧めします。

 

 

 

変えたい部位を少なくすることでダイエットの効果が高くなり、達成したという感覚がつかみやすく、ダイエットを継続していける自信がついていきます。妊娠して数カ月が過ぎたころ、つわりが無くなり、一気に体重が増えました。

 

このまま太っていけば、妊娠中に病気にかかると言われたので、ダイエットを開始しました。

 

 

 

実際には食事の内容を見直すことしかしていませんが。今までは食べれる時に食べるだけ食べていましたが、野菜メインの食事に切り替え、間食もゼロカロリーのものを選ぶなど、満腹感を感じるけれどカロリーの低いものに変えました。質を変えたうえでお腹いっぱいまで食べてますが、その後も体重は大きく増えていません。ダイエットを希望したのはもっと流行りの洋服を着こなしたいと思ったからです。育児で時間がとれないことを言い訳にして、自分の見た目に力を入れず、若やかさやオシャレと縁がなくなっていき、遊びに行くのも腰が重くなってしまいました。
着飾って遊びに行くのを楽しみたい、オシャレな格好をしたい、若いイメージのママでいたい、古い知り合いに会ってびっくりされたくない、ダイエットしたい理由は枚挙に暇がありません。

 

 

 

残るはダイエットをいかに持続していくかです。

 

 

 

ダイエットに無関心な女性はまずいないと思います。かくいう私も思春期からずっと体重を気にしてきました。テレビやインターネットなどで毎日のようにダイエットに関する情報を目にしますが、情報が多すぎて何を信じたらいいのか迷ってしまいます。どの方法を試すにしても、健康的な体を保てなければ、生理周期が乱れたり、骨が弱くなったりするので、無理せずに行いましょう。
ダイエットで一番効果的だったのは、ウォーキングでした。
地道に歩くことで代謝がよくなり、汗をかくことが、体重がみるみる減り効率の良いダイエットができました。体重がピークのときからマイナス5キロになりました。
食事制限をするとストレスが溜まるので、わたしはできませんでした。

 

歩くことで体を動かす、ダイエットがいいと思います。ぜひお試しください。

関連ページ

夜はおなかいっぱい食べないように
食事によって、まんべんなく体に十分な栄養を取り入れ、毎日すこしずつでいいので、体を動かすのです。 脂肪が燃え始める20分くらいが運動時間としては理想的ですが、難しければ筋トレをし、ストレッチをするだけでも効果はあります。
食事量を減らせばダイエットできる
食事量を減らせばダイエットできる
カロリミットでダイエットできる理由とは?
自分自身でさえダイエットをしている最中であるということに気づかない
自分自身でさえダイエットをしている最中であるということに気づかない